対応事例 - 女性行政書士が親身に対応。遺言・成年後見制度・相続に関するご相談なら、東京都練馬区石井行政書士事務所

  • 電話
  • メニュー

当事務所にご相談いただいた事例をご紹介いたします。
同様のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

詳細を書いていない遺言書練馬区 Y様

 便箋に「遺言書」とタイトルを書いて「全財産を長男の〇〇に譲ります」とのみ記載されたものがみつかりました。日付、署名も手書きしてあり、押印もありますので、自筆証

続きを読む

人手不足で従業員教育も難しい練馬区T様

T様は義理堅く人情に篤い親分肌の社長さんで、仕事の受注は順調です。 しかし、悩みの種は人手不足。いくら求人募集をかけても人材が集まりません。 そんな時、仕事仲間

続きを読む

専任技術者がいなくなった練馬区N様

 N様は内装関係の仕事を お父様の工務店で、見習いながら家業の手伝いとしてやってきました。いくつかの工務店に出入りし経験を積んだ後、ここ数年は お父様の工務店に

続きを読む

フリーでやってきた実務経験10年間の証明練馬区S様

 彫金関係の美術大学を卒業し、学生時代からの「もの創り」の感覚で、知人から頼まれて外付け看板のデザインや制作をしたり、イベント会場のロゴや案内板の製作などをして

続きを読む

外国に居住している相続人との遺産分割協議練馬区H様

相続人の一人が外国に居住しており、印鑑証明を所得することができない場合の遺産分割協議をお受けいたしました。 この場合、印鑑証明に替えて、居住地の領事館等でサイン

続きを読む

離婚した元妻の行方がわからない状況での遺産分割協議板橋区K様

K様が奥様と離婚したのは、一人息子がまだ幼い頃でした。 以来、K様は息子と二人だけで暮らしてきたのですが、別れた奥様の消息は時が経つに従って聞かなくなり、今では

続きを読む

相続登記に必要な戸籍はどこまで遡らなければならないのか練馬区A様

遺言書が無い場合の相続手続きには、原則相続人全員の関与が必要となります。 そのためには相続人が誰であるのかを確定するために、お亡くなりになられた方の出生に遡る戸

続きを読む
ページトッップへ